引越しのときの注意てっ?

夫婦二人で暮らしていた頃にマンションを購入することができ、引っ越すことにしました。いよいよ引っ越しの日を迎え、運送作業が進みましたが、大型の、重いテーブルに取り掛かった時、分解できるはずなのに脚が全く取り外せず、結局、そのまま運んでもらいましたら、まあまあ妥当な値段だとは思いましたが、追加料金を請求されてしまいました。
事前に、例えば見積もりの時に追加料金が発生する可能性や、その条件について、尋ねておけば良かったと思います。引っ越しの際、コートやフォーマルなスーツなどの衣類を梱包するなら業者からレンタルできる専用の衣装ケースがありますので、これを使うと荷造りが大幅に簡素化できるでしょう。

ダンボールを使って荷造りをしていくとなると箱の中にたたんで詰める手間が必要となります。
でもこういった衣装ケースの場合は様々な種類の衣服を、ハンガーにかけられている状態のままでケースに収めていくことができるのです。

新居に到着したら、開梱してハンガーラックや、クローゼットなどに吊っていけるので、大変便利です。
引っ越しによって、今までになかった問題が生じるもので、転居後も同じガスコンロを使えるかどうか、確認することも案外大きな問題です。私は引っ越し先が新築だったので新しいガスコンロが用意されていましたが引っ越し先が中古の住宅であれば元々のガスコンロで間に合うこともあります。ただし、ガスの種類が違うと同じガスコンロを使えないこともあるので、ガスコンロを引っ越し先でも使う場合や、買い換えを検討しているならば、転居先のガスの種類を確かめてください。引っ越し業者も星の数ほどありますが、全国どこでも高い評価を得ているのが印象的なCMで知られる引っ越しのサカイです。

全国くまなく、170社以上の支店を持ち、自社で保有する車は3500台を超え、一般家庭の引っ越しでも、大手の強みを生かしたサービスを期待できます。

サービスを細分化しているだけでなくどのスタッフもきちんと仕事をしているのでどの世帯の引っ越しも安心して任せられます。

現在の住まいに、結婚とともに引っ越しましたが、宅配便で身近に感じていたヤマトの単身引越しサービスを利用しました。
ヤマト運輸に限らず、業者を利用した引っ越しというのは初めてでした。ですから最初の電話から、緊張の連続でした。

それでも、スタッフはどの方も対応もしっかりしており、どの作業も丁寧だったので信頼して荷物を任せ、作業を進めることができました。
今度引っ越しするときも、お願いしたいというのが率直な気持ちです。

軍手を用意してから、引っ越しの作業を始めてほしいのです。
たとえば、荷造りをしているときです。やり慣れない作業でカッター類を多用しますから、ケガの可能性が高くなります。

荷物移動の際には、言うまでもなく指詰めや落下物の危険と隣り合わせです。軍手の選び方を間違えると却って危険で、自分の手にジャストフィットする、きちんとした滑り止めがついた軍手を準備することが大事です。

それで作業もしやすくなりますし、荷物も引っかかりが良く、安全に運べます。

住まい探しについては、私は近くの不動産屋さんの店舗に出向いて、物件探しをお願いしました。

そこで担当してくれた人が色々質問しても穏やかに親切に説明をしてくれたりしたので信用し、その人が勧めてくれたものの中から、一つを選びました。
違う不動産屋さんも訪ねて、相談もしてみるつもりはあったのですが、別のサイト掲載の物件も、何の問題もなく紹介してくれるということらしいので、あちこち出向かずに済みました。いろいろな手続きを、引っ越しの際には行わなければなりません。
重要なものの筆頭に、役所に転出届と転入届を出すことが挙げられます。転出届は転出する市区町村の役所でもらいます。
その後、今度は転入する市区町村の役所に行って、転入届を出して転入手続きをします。転出と転入は一体の関係なので、転出届と一緒でないと引っ越し先で転入届を出せないことにも気をつけた方が良いです。

この届が他の手続きの元になるので他の手続きに優先して、まず終わらせておきましょう。

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP